お客さんの心をつかむのが大事!!話すよりも聞く方が大事かも!!

お客さんの心をつかむ能力

会社の営業担当者の中には、常にトップセールスの位置にいる人もいればなかなか売れなくて成績が低迷している人もいます。数字上の違いは販売額が多いか少ないかです。一見売れる人は商品知識が豊富で良く行動をしているイメージがあるかもしれません。営業代行を利用すると、必ずしも商品知識や行動量が営業成績に関わるとは限らないとわかるかもしれません。顧客に買ってもらうには、売り込む商品も大事ですが誰から買うかも大事になります。つまりは自分自身がお客さんに信用してもらえないと買ってもらえません。営業代行サービスの担当者は、短期間でお客さんの心をつかみ、お客さんの要望などを聞き出します。それによってより適切な提案をして販売額を増やします。

話す能力が大事か聞く能力が大事か

営業マンのイメージとして、話が上手と思っている人がいるでしょう。話が上手なら、お客さんをうまく丸め込んでどんどん販売できそうです。確かに正しい情報を上手に伝えるのは大事ですが、ただ話が上手いだけでは販売成績を上げられません。営業代行サービスを利用すると、必ずしも話し上手な人ばかりが来るわけではありません。寡黙そうに見える人が来るときもありますが、なぜかお客さんからどんどん注文をもらってきます。その人はとにかくお客さんの話を聞くのがうまいようです。商品のアピールをするのではなく、お客さんの悩みを聞き出す能力があります。無理やりに売り込む話力は必要なく、いかにお客さんの希望を聞けるかが売れる営業の鍵になりそうです。

営業代行とは、企業における営業のプロセスを代行して行うサービスのことです。営業担当の人手が足りないときはもちろん、新しい事業を始めた時に営業のプロセスがわからないときなどにも利用することができます。

Related Articles