これさえ知っておけば安心!失敗しない法人パソコンの選び方

利用環境に合わせたモデルとスペックを重視する

需要の増加によってさまざまな種類のパソコンが販売されていますが、その多くがプライベートでの利用を想定した所謂家庭用向けとされています。兼用するのであれば特に問題はありませんが、ビジネス専用のツールとして考えるのであればスペックを重視することが重要です。

営業のように外出が多い人に最適となるのがタブレット型になります。タブレットはコンパクトで持ち運びがしやすく場所を選ばずいつでも作業が行えるのがメリットです。

それに対して室内で研究や開発の目的で使用する人はグラフィックやデータ処理の速度を重視することで業務をスムーズにこなしていくことができます。

そのほかにも、情報を集める目的でネットサーフィンをする場合に備えてHDDやメモリーの充実を図ることも忘れてはいけません。

万が一に備えたアフターケアーが充実しているか

パソコンのような精密機械を安全かつ長く使っていく場合に重要となるのが定期的なメンテナンスです。とはいえ、パソコンを使用している人の中には操作はできてもメンテナンスに対しての知識や技術を持ち合わせていないという人も少なくありません。

そこで重要となるのがメーカーのサポートサービスです。このサポートサービスは有料となっているケースが多く、必要となる費用はメーカーによってそれぞれ異なります。

受けられるサポートについても何らかの事情で故障をした時の無料での修理保証から必要に応じたスペックの向上までそれぞれ違うのが特徴です。そのため、サポートに頼らずに自社で行えることについてしっかりと把握をした上で、必要なアフターケアーを受けられる物を選ぶことが大切になります。

BTOとはBuild To Orderの略で、一種の受注生産方式のことです。パソコンや自動車の業界で採用されています。

Related Articles