事業承継を行うメリットと事業承継のやり方

事業承継の必要性について

日本の中小企業は後継者不足に悩んでいます。せっかく優秀な技術を持っていても後継者がいないばかりに廃業しなければならない企業もあります。又、技術は優れたものを持っていても、製品を販売するチャンネルがなかったり、売り込むノウハウがない場合もあります。その逆に、新しい技術を取り入れたかったり、事業を拡大したい企業もあります。この様な時は事業継承によって、企業を存続させたり拡大することもできます。特に後継者不足で企業の存続が危うい場合は、従業員の生活を守ったり、保有している技術を伝承するには事業承継が必要です。二つあるいは数社の保有している長所を融合すれば、企業存続だけでなくさらに拡大と発展ができます。

事業承継のやり方について

代表的な事業承継はM&Aですが、事業承継を取り持ってくれる会社もあり、さまざまな形で事業承継が行われています。企業買収によって自社の拡大をはかる企業もありますが、提携することでノウハウを取り入れる場合や製品を外注委託する場合などがあります。中小企業で会社存続を模索しているところは、仲介してくれる会社や事務所に相談してみてください。保有している技術やノウハウを必要としている企業を紹介していもらえ、事業承継完了までの手助けがしてもらえます。お互いに不足している部分を補うためや、さらなる企業の拡大に利用してみましょう。安定して事業が継続できるように、お互いの不足点を補ったり、又メリットを大きく伸ばすために検討する価値があります。

事業承継とは後継者に会社を引き継ぐことを意味し、親族や従業員、M&Aで承継するという方法があります。

Related Articles