ECサイトを運用しよう!物流について知っておきたいこととは?

ECサイトは売上を増やすのに役立つ

インターネットを使って商品購入をする人が増えてきた影響で、ECサイトを運用する企業が増えてきました。売上を増やし、シェアを広げていくための方法としてECサイトを構築して運用するのは、近年のトレンドを考慮すると合理的な方法です。社内エンジニアを起用したり、IT系の企業に相談したりすれば簡単にECサイトを作り上げて運用していくことはできます。しかし、気をつけておきたいのはECサイトができただけでは通信販売を行っていくことはできないという点です。物流についても考えなければならず、注文を受けてから在庫を確保し、決済を行って発送するという流れを作り出さなければなりません。この点もクリアした上で本格的な運用が可能になります。

在庫のすり合わせが肝心

店舗での販売も行っている場合には特に新たに気をつけなければならない物流の問題が発生します。店頭販売をしていると店頭でも購入者がいるため、在庫は着実に減っていくはずです。そして、ECサイトでも注文が来る度に在庫を減らすという処理をしていく必要があります。この二つをうまくすり合わせておかないと在庫切れを起こしてしまう可能性があるのです。ECサイトで受けた注文を決済したにもかかわらず、在庫がないからキャンセルまたは入荷待ちといった形になるリスクがあります。この対策として店頭在庫も電子情報として管理を行うようにするのが効果的です。在庫管理を共通したものにすることで安心して運用できるようになります。

EC物流のECとはElectronic Commerce(電子商取引)の略称です。いわゆるネットワーク上での電子的な情報通信によって商品やサービスが売買される物流機能のことを指します。

Related Articles