会社でコミュケーションを取る時に便利な社内SNS

情報が外に漏れにくい社内SNS

SNSはスマートフォンやパソコンで連絡を取り合うツールとして高い人気を誇ります。普段プライベートで友人同士の連絡に使っている人も少なくありません。手軽にメッセージを送ったり情報を共有できるツールなので、仕事でも使いたいと考える人も多いでしょう。しかし、会社などでは外部に情報が漏れないように気をつけなくてはいけません。そのため、SNSで外部のサーバーにメッセージや情報が残ることをよく思わない人もいます。情報を守りながら情報をやりとりしたい時に便利でおすすめなのが、社内SNSです。外部のサービスを利用するのではなく、社内で用意した専用のSNSを使うので外部に情報が漏れる心配もありません。

無料でも可能な社内SNS

社内SNSを利用するためには、まず専用のサーバーを用意します。メーカーは問いませんが、なるべく容量が多い方が安心です。次にSNSのプログラムを用意しサーバーにインストールします。プログラムはオープンソースと呼ばれる、無料で利用できるタイプのものがおすすめです。もし、プログラムについて知識がなかったり不安がある時は有料で販売されているものもあるので心配ありません。インストールが終わったら、社員が使うスマートフォンやパソコンでサーバーにアクセスできるように設定を行います。準備が整ったら、外部のサービスと同じように社内SNSが使えるようになるでしょう。送信したメッセージやデータは全て社内にあるサーバーに保存されるので安心です。

社内SNSとは会社内部で使用する情報発信ツールです。関連部署を超えた社内コミュニケーションの向上が見込めます。

Related Articles