あなたに合った倉庫仕事は?よくある仕事内容5選!

誰でもできる検査の仕事

入荷した商品や出荷する荷物の状態を確認する作業を検査、もしくは検品といいます。汚れやシミの有無、傷やへこみはないか、部品の破損はないかなどチェックを行い不良品がないかを見極めます。倉庫で仕事を行うのが初めてだという人も、きちんと説明を聞いていれば誰でもできる作業がほとんどです。

商品を集めるピッキングとは

倉庫や配送センターの中にある在庫品の中から、指示書や伝票に書かれている内容に従って必要な荷物や商品を選ぶ作業のことをピッキングといいます。一般的には、かごや箱をもって歩いて移動しながら指定された商品をピックアップしていきます。始めはどこに何が置いてあるのか分からず迷ってしまうこともありますが、仕事をこなしていくことでスムーズに動けるようになります。

丁寧に行う梱包作業とは?

ピッキングされてきた商品を箱に入れて、出荷できる状態にする作業を梱包作業といいます。伝票に書かれている商品とピッキングされた商品が合っているか、最後の確認を任されることもあります。

資格必須!フォークリフトの仕事とは?

フォークリフトの仕事は、工場内にあるリフトを使って倉庫や配送センターの中にある荷物の積み下ろしや運搬を行います。多くの荷物を同時に運ぶことができるため、工場現場で活躍しています。「フォークリフト運転技能講習修了証」の資格を持っていることが必須となる場合が多いです。

仕事全般を見る管理の仕事とは?

コンピューターや伝票を使って、作業全般の管理を行います。従業員のシフト管理や、入出庫した商品の数や状態をパソコン等に入力して作業がスムーズに行くようにしています。

物流について興味があり、そういったビジネスに携わりたい場合は、工場のシステムを勉強することが大事です。

Related Articles