引越しは大変?片付けを引越し前にしておく理由

段ボールに入りきるだけの荷物にする

引越しをする時にまず考えなくてはいけないことは、どのように荷物を詰めていくかです。何でも片っ端から詰めていけば良いというものではなく、必要なものを必要な順番で詰めていけるのが理想的です。引越しは荷物を詰めて終わりではなく、引越し後に荷ほどきをしなくてはいけません。その時のことを考えて荷造りをしていきましょう。引越しを業者に依頼する時には、業者が家の中の荷物の量を見て金額を決定します。つまり荷物が少なければ少ないほど引越し料金を安く抑えることができます。そのためには引っ越し業者に依頼をする前にある程度の荷物の整理をしておき、不必要なものは手放しておいたほうが良いでしょう。段ボールは業者が持ってきてくれますが、段ボールが足りない場合には追加料金がかかることもあるということを覚えておきましょう。

引越しをする時には手続きすることがたくさんある

引越しを段ボールに詰める時に荷物の整理をすれば良いと考えている人もいますが、実際に引越しの日時が近づいてくると、様々な手続きをする必要が出てきます。電気やガスの連絡はもちろんですが、それ以外にも銀行の住所変更などもあるので手続きだけでも何時間もかかることがあります。そのようなことをしながら、毎日の生活もしていかないといけないので、引越し前後は荷物をゆっくりと判別している暇は出てこないでしょう。また荷物を詰める時には家中の荷物を段ボールに詰めなくてはいけないので、物の整理をするような余裕が残っていないことがほとんどです。そうなることを予測しておけば時間に余裕のある時に荷物の整理をする必要性が理解できるでしょう。

不用品の回収とは使わなくなった不要品や粗大ゴミなどを回収してもらうことです。不要品回収業者にお金を払い回収してもらったり、各市区町村の清掃センターで不要品ごとに決まった料金で回収する場合もあります。

Related Articles